バイク・スクーター違反行為はダメ!

すり抜けって違反行為?

バイク(排気量・車種によらず)のすり抜け行為ってよく見掛ける、あれ交通違反じゃないの?実際どうなの?すり抜けに限らず、割り込み、追い越しなどけっこう見掛けるよね。特に朝の通勤・通学ラッシュ時は本当に多くて危険な場面に出くわしたことがある人も多いはずだ。実際に僕もやることがあるからね。。。

で、実際に僕が電話して確かめてみたんだけどね、信号待ち時のすり抜けは大丈夫みたい。ただ、最前列のクルマの前に割り込んで停止線を超えると違反みたいだよ。また、黄色い線を踏んでのすり抜けは線を超えなければこれも違反ではないみたい。

ただし、その場面の状況で取り締まる警察の方の判断も影響するみたいだけどね。なるべくは違反かと思われる行為は避けたほうがいいよね。一概に違反行為だから取り締まるってわけではなくて、安全に、スムーズに走行ができているかどうかも取り締まりには大きく左右されるみたいだ。

50cc以外のバス専用レーン走行はダメ!

路線バスをスムーズに運行・走行させるために設けられているバスレーン。渋滞が多くなる通勤時間帯に設定されていることがあるけど、原付バイク(原動機付自転車)だけはそのバスレーン(バス専用)を走ることが許されているんだ。ここで注意!バスレーン走行ができるのは50ccのみってこと!125cc、250ccがバスレーンを走ると違反なんだよ!

都心部の場合、50cc以外のバイクでバス専用レーンを走っていることを見掛けることがあるけど、あれは止めた方がいいよ。というのも、一部のバスではバスカメラシステムってのが導入されていて駐車違反、通行帯違反を記録しているんだって!バスカメラがチェックしてるから違反行為はダメ!というよりはバイク利用者にルール・マナーを守ってほしいよね。

50ccバイクの30km制限に納得がいかない!

排気量50ccクラスのバイクに決められている『30km/h制限』。これって車体の加速性能・強度が十分じゃないことから設けられたルールらしいんだ。でもね、それから技術も進歩しているから今の50ccには当てはまらないと思う人も多いはずだけどなぁ。。。みんなどう思う?って、納得がいかないからって守らなくていいって言ってるわけじゃないよ(笑)!

ということから、50ccクラスよりは個人的には125ccをオススメするんだけどね。原付二種スクーターなら道路標識通りの『最高60km/h制限』の速度で走行することができるんだ!取り締まり中の警察官を気にする必要もないし、意地悪!?なクルマに煽られる心配も少なくなるからね。

これって反則行為!?と思ったけど大丈夫だった

道路の白枠駐車スペースにも停められる

道路上に設けられた白枠の駐車スペース。パーキングメーター、パーキングチケット制で駐車が可能なんだけど、ここって駐車方法を守れば二輪バイクが駐車しても大丈夫なんだって!

ただし、バイクが移動されたり、チケットが紛失したり、変な停め方をしてしまうと駐車違反になる可能性もあるからリスクも伴うんだって。。。バイク乗りには厳しい社会です、トホホ。。。

オーバーパス(陸橋)やアンダーパス (トンネル)を通れる車種

50ccバイクに乗っているとトンネルや陸橋で通れない場所があるんだ。原付通行禁止って標識が示されているんだけど見逃しちゃうよね・・・。主に幹線道路の陸橋やトンネル、河川をまたぐおおきな橋に指定されていることが多いんだ。

これも、原付二種の125ccなら適用されることが少ないんだよ!(※ごく稀に125ccも走行禁止されている場所があるけどね)だ~か~ら、僕は125ccスクーターをオススメするんだぜ!

125ccまでなら駐輪場もOKの場合が!?

駐車禁止が厳しくなった現在、外出先で駐車スペースを探すにはバイク乗りには辛い(´д`lllノ)。

ページのトップへ戻る